アトピー・汗・カビ・マラセチアグロボーザ


もずの魔法バナー

アトピーが汗で悪化する原因物質は、カビの一種の「マラセチアグロボーザ」

これからの汗ばむ季節、アトピーが悪化しがちになります。

 

特に汗腺が集中する首や脇や手足の関節がアトピーで酷くなりがちです。

 

汗をかくとアトピーが悪化するので、アトピーの悪化要因は、

 

汗が原因としか私はあたり前のようにしか考えていなかったんですが、

 

具体的に汗によって、どの物質が発生する事によってアトピーの炎症が強まるのか?

 

が広島大大学院の秀道広(ひでみちひろ)教授(皮膚科学)らの研究グループによって解明されたようですね。

 

その汗の原因物質とは、

 

人間の皮膚にも存在するカビが作り出すたんぱく質「マラセチアグロボーザ」によって、

 

アトピーが発症しやすくなると言う事です。

 

よって、この「マラセチアグロボーザ」を取り除くアトピーケア商品を開発する事ができれば、

 

汗によるアトピーの痒みや炎症を抑える事ができるという訳ですよね?

 

我々アトピー患者としては一刻も早く、こういった商品開発をお願いしたい所です。